簡単健康体操!両手振り体操(両手ぶらぶら体操)

超簡単!本物の健康法『両手振り体操』

船井幸雄グループ最高顧問

  船井幸雄氏がおすすめする『本物の健康法』

健康を維持するための体操やストレッチ、または健康器具を使った健康法、そして最近ではヨガなど、多くの

健康法があります。しかし、器具の使い方が分からなかったり、体の動きが複雑だったりと、専門の先生や

インストラクターに教わらなくてはなかなか難しいもの・・・また、大がかりな器具を使ったり、ある程度スペース

が必要なものは、出来る時間と場所が限定されてしいます。

そんな中、船井幸雄グループ最高顧問の船井幸雄氏がおすすめしている「本物の健康法」、「両手振り体操」

が広まってきました。

簡単で、誰かに教わる必要もなく、場所を気にすることなくいつでもどこでも気軽に出来る「健康法」。

この度、船井幸雄グループ「船井メディア」ホームページに「両手振り体操」専用ページ、「両手振り体操」プロ

ジェクトが新しく開設されました。以下は、「両手振り体操」プロジェクトより抜粋しました。

『両手振り体操』ってどんな体操?

 

[1]誰にでも出来る体操・「本物の健康法」

経営コンサルタントとして40年以上のキャリアを持ち、
70歳を過ぎた現在も元気に活躍を続ける船井幸雄は、「本物の健康法」を、

1、誰にでもできて、単純で長続きすること
2、安上がり(経済的)であること
3、それでいて、体を若返らせる、びっくりするような効果が得られること

と定義づけています。
この3つの条件をすべて満たしている“究極の健康法”が、「両手振り体操」です。
エッ!? と思うかもしれませんが、毎日5分、両手を前後に振るだけで
「超元気」になれる、びっくり・手軽な、魔法のような体操なのです。


[2]いつでもどこでも、ただ両手を振るだけ!

この「両手振り体操」は、もともと通信工学の権威であった、
工学博士の故・関英男先生が実践していた健康法です。
ダルマさんでおなじみの達磨大師が遺した「易筋教」(えききんきょう)という経典の中に、
「健康長寿の秘訣」として書かれていたものを関先生が発見され、
自ら実践されるようになったのです。
関先生は、90歳を過ぎても「両手振り体操」を毎朝2,000回くらい、
日の出前に東の方角に向かって行っていました。
実践されたのは80代に入ってからですが、以後、驚くほど元気になられ、
96歳で亡くなるまで生涯現役で研究を続けられたといいます。

船井最高顧問は、親交のあった関先生から教えを受け、「両手振り体操」を
実践するようになり、実際に視力が蘇り、健康維持ができるということを実感したのです。
現在では「両手振り体操」を実践する人も増え、様々な研究から、
1日5~10分程度、方角や時間帯に関係なく、空いている時間に行うだけでも、
十分に効果があることも分かってきました。
いつでもどこでも、誰にも習わずに簡単にできる、
これ以上ラクな健康法はないと言ってもいいはず。
ぜひ一度お試しになってみてください。

[3]「健康」をキーワードに明るい未来を作ろう!

最後に、このホームページを開設した目的についてお話ししましょう。
(株)船井メディアでは、設立以来、船井幸雄の提唱する「明るい未来を共に創ろう」という
経営や生き方の根本理念を、さまざまな形で広めてきました。
「両手振り体操」を一つのプロジェクトとして多くの人に広めようと考えたのも、
この「明るい未来創り」の一環です。

ところで、一人ひとりが「未来は明るい」と思えるような社会とは、どのような社会でしょう。

目を閉じて、1分間イメージしてみてください。
そこは、どんな場所でしたか?
争いごとのない、みんなが笑顔でいられる心も体も健全で
楽しい毎日が送れる場所ではなかったでしょうか?
社会のことを考えるとき、まずは、一人ひとりの心や体が楽しく
健全でないと意味がありませんし、実現もしないでしょう。

両手をふるだけ、毎日たったの5分。
この体操を朝礼で実践している会社では「ありがとう」という思いを持ちながら、
両手振り体操をしているそうです。

両手をふりながら、自分の健康、家族の健康、社会の健康を考えてみませんか?
「健康」という誰もが関心のある、普遍性のあるテーマを切り口に、
「明るい未来を共に創ろう」というメッセージをより多くの人と共有できたら、
こんなにうれしいことはありません。
 
「両手振り体操」を毎日の生活に上手に取り入れ、
一緒に、心身ともに「超元気」「超健康」を目指していきましょう!

             以上、「両手振り体操」プロジェクト(船井メディア)ホームページより。

それでは実際に、「両手振り体操」はどうやるの?・・・

[両手ふり運動の行い方]

1.足を肩幅くらいに開いて立ちます。

2.軽く背筋を伸ばして、リラックスしてください。

   

3.両手のひらを内側にして、両方の手を同時に、力を入れて後ろにポーンと投げ出してください。
  その反動で両手が前方に移動します。

そして「両手振り体操」はどの位やればいいの?・・・

[両手振り体操回数のめやす]

・60歳以下の方なら、200回前後(3~4分間)

・60歳代の方は、300回(5~6分間)
・70歳代の方は、400回(6~8分間)
・80歳代の方は、1000回(15~20分間)
・90歳代の方は、2000回(30~40分間)

(※最低限の回数です)

[両手振り体操回数めやすの計算式]

是非、お試し下さい!

※最初は回数にこだわることなく、心地よい程度ではじめてみてください。

●「両手振り体操」の効果を10倍に!・・・うわさの健康アイテム『フォーグ』のお求めはこちら>>


商品カテゴリ

信州健康倶楽部公式ブログ

夏本場ですね^^暑さ厳しい季節となりますが、高原の爽やかな風と自然のエネルギーを楽しみいらっしゃいませんか^^
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

※通常、休業日のメール配信、及び商品の発送業務はお休みです。また水曜日の電話受付はお休みとなります。ご了承下さいませ。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

「信州健康倶楽部」の各支店

ページトップへ